iphone8でも搭載予定のTouch IDセンサー

iphone8の機能の魅力としては、独自の「TouchIDセンサー」を備えることでそのセキュリティの確保がさらに向上する期待があります。

「TouchIDセンサー」とは指などの指紋を認証するためのセンサーで、iphone8を使用する人が本人かどうかを識別するために使われるセンサーとなります。

iphone8の価格についての総合情報ポータルサイトです。

「TouchIDセンサー」は、もうすでにiphone5s以降から標準搭載されており、現在ではより速い性能を持つ「TouchIDセンサー」を備えていて使い勝手も向上しています。

そのセンサーの仕組みは、指の表層面に僅かな電流を流すことで、その電流の状態を識別することで感知する仕組みになっています。このように指紋認証は、指紋が本人だけの特有の性質を有することを活用する技術で、その指紋を認証させてiphone8のロックを解除して利用できる様にするためのものです。
もちろんロックの解除だけでなく、資金の決済のために利用する技術にも使うことができるため、なりすましによる使用を防ぐことも可能となります。

なおiphone8の場合も「TouchIDセンサー」を搭載される見込みですが、スクリーン上で認証できる様な仕組みになるのではと報道されています。

独自のシステムでYahoo!知恵袋の情報を確認できるサイトです。

一方では技術的な問題も存在するため、「TouchIDセンサー」を搭載される位置についてはiphone8の背面だったりとも予想されています。


なお今まではホームボタンを活用した状態での「TouchIDセンサー」でしたが、ディスプレイに埋め込みタイプとなるとより使い勝手が向上する可能性も高まります。